08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

我儘三昧+だぶる

こちらはドールの為に何かを買ったり作ったりして楽しんでるブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

この半年 

今日は、続きの方が本題です。里帰りのダークな話あるけど
スルーしちゃって下さいね(((・・;)




はいはい。先ずは栗♪

羊さんとこでミニKUMA見てたら撮りたくなってパチリ( ̄w ̄)

くりくま~




里帰りした時にもらった栗。軽く洗って乾かしてたトコ。

大きい栗は美味しくないんだって。小さい方が美味しいらしい。
でもどっちが美味しいとかよく分からなかった(笑)




くりくま~

栗ご飯しか作れないよ。それもいつもは元から剥いてある栗を買う(笑)

小さい栗を剥いてると身が小さくなった(;`・_・´)ン-…



ご飯にしても余ったので、茹でて食べました。

半分にカットしてスプーンでほじくって食べる。小さい頃そうやって食べてたな(*´σー`)エヘヘ



くりくま~


でもやっぱり甘栗の方が好きだなー(笑)

栗の簡単レシピ的なの知ってる方いたら教えてください(σ´∀`)σ






*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:





さて先月の3連休は、3ワンコをホテルに預け相方の実家に行って来ました。
(場所は省略させてください;画像みたら何となくわかることでしょう;)



震災後に行くのは相方2度目。私は初でした。
両親は早朝からお客さんでバタバタするから、この時ばかりはOFFにしてくれた。




3月11日。思い返せば
ちょうどリサイクル屋で働いて2日目に震度5弱を体験。凄かったです。

店内の商品は倒れまくり、売り物の照明は落ちて割れ、
棚の上のプラズマテレビがグラグラ揺れてるし;超焦りました。

棚を押さえてるとゆうか、もう体を支えてるのが精一杯。

お客さんを外に誘導してから、地面にしゃがんでしまったっけな。

前のファミレス客もキャーキャー出てきて、民家の人まで駐車場に溢れかえっていたよ。

店内の片付けして5時ぐらいに上がれ帰宅。

熱帯魚の水が偉いことになってるわ、3ワンコは動揺してるわ、
ドール部屋は大きい子が10数体、棚から落ちてた。プチの棚も大惨事。

それから毎日余震が頻繁にあって、慣れない仕事疲れと実家のことでヘロヘロでしたね。


きっと誰もが大変な日々だったことでしょう。




そんな頃、相方の実家は、義母は愛犬連れて高台に。
なんか、偶然にもあの日は隣の家の葬儀準備だかで地元にいたらしく。助かりました。

義父は、地震が来て速攻で船に乗り沖に逃げた。
津波の第一波をもろに直撃して、かなりの波の高さまで上がったらしいです。
回りの船は・・バタバタと波に飲まれてしまったとか。

丸2日間、火事で戻れず船で過ごしたとゆう。
3日目にようやく戻ってきた時は地元の皆さんに泣かれたって。

携帯も通じない時だから、私達に連絡もらえたのは確か5日目だったね。あの時は泣けた。


高台の義母も、海の義父も、もう駄目かと思ったって。

そんな話を涙目で語ってくれた。




運良く6月くらいに高台の空き地にプレハブを建てる工事が始まった。


8畳2間。トイレ風呂キッチン別で想像してたより立派な建物でした。

それでも材料が入らない時期だったからお風呂の浴槽や台所のシンクは
前の家で使っていたのを再利用。

綺麗に磨いて使ってました。

夏の終わりにやっと水道管を通して水が使えるようになったんだって。



空き地の地主さんも住むことに快く貸してくれたそうな。ありがたい話ですね。

私達が帰省した翌日、わざわざ顔まで出してくれた。

地主さんだけじゃない。あちらこちらの住人が何かしらお裾分けを持って顔を出してきた。

田舎付き合いは大変なイメージあったけど、相変わらずのご近所付き合いに何故かホッとした。


半分ぐらいの住人は仮設に行ったみたいだけど、残り半分は高台で無事だった人らしい。

実家に着く手前の地区は、もろに津波で全滅してた・・
亡くなった方も結構いた。

それでも、たった数件だけ自宅を修復して無理矢理住んでるらしい。

無理もない。避難所や仮設は嫌だったのだろう。

義母もストレスから十二指腸胃潰瘍になってしまったし。

実際は良いと思ってた人も醜い人間に変わってしまった。
毎日、物資の取り合い。あちこちで泥棒もあった。と義母は言ってた。

信頼できるのは家族と一握りの友達だけなのかな。

テレビで見るような皆で頑張ってる場面ばかりじゃないみたいだね。



そー言えば、避難所では愛犬は入れず、実家の愛犬は車の中で4ヵ月弱も隔離されてた。

私、前にアンルさんのところで署名を聞いて、2枚分埋めて送ったんだけどな。やはり足りなかったのかな。

普通の雑種だけど、室内犬で育てちゃったから車に1匹隔離は気が気じゃない。

17年目の老犬だったからまだ良かったの?って言い方も変だけど、
まだ赤ちゃんだとか、元気な犬なら車の中で何ヵ月も過ごすのも・・・

どっちにしろ、ペットだって家族なのは変わらない。辛すぎる;

ちょうど雪が降ってる時期だったから、
車に使い捨てのカイロを毎晩5、6個毛布に挟んで寝かせたって。



けど、

近所の外犬・・・津波が来るからって連れ出せない人もいたらしい。
私達が見た時、家ごとなかったよ。当たり前か・・

17歳PONTA


愛犬は約1年振りに見たんだけど、背中丸めてヨレヨレ歩いてて悲しくなった。

目も耳も聞こえてないらしい。昼夜反対なのか、日中は寝てる方が多いみたい。
夜になると部屋をウロウロ歩き出す。完全にボケてる。意味もなく部屋を徘徊。

トイレは外でするようにしてきたから、夜中は何度も起こされ外に連れていかれてた。

もう足を上げてオシッコが出来ず、普通のスタイルで出すんですよね。

まだ動くからいいね。普通なら寝たきりだよね(ウチの猫がそうだった)

分かってる事だけど、近い未来が見えてくるのは辛いね。




両親は、まだ現役で働けてたのもあるし、友達もいる、
やっぱり船が残ったから地元を離れないって言ってた。

今までのお客さんが心配して、いろいろな物を届けに来る。

震災後とは言え、釣をしたい常連客がひっきりなしに船の予約をする。

テレビ局すら撮影の為に船の依頼をしてくるとか。


毎日忙しい両親を見てると、体が心配なんだけどね。

2~3年はここにいるって言ってたのに、今回は、
歳をとって働けなくなるまでいる。に、変わっていたよ?(苦笑)

でも、お客さんが来るのに船を捨ててまでして、陸地ばかりの我が家に来ても、ね。


同居は、もう少しだけ先の話となりました。
私は同居が助かる。長時間留守になると3ワンコが心配で。

どうしてもって時は、海の近くに引っ越しも検討してた。とりあえず、
いつ来てもいいように部屋掃除したりして準備してたからちょっと拍子抜けしちゃいました。



さて、里帰りしても街はまだまだ動いてない。船もほとんどない。

観光地もない。お土産さんもない。
ただ、高台にあるホテルにご飯食べに行った(ここは私達が挙式後の宴会に使ったとこ)
”たたきマグロとイクラ丼”がめちゃめちゃ旨かった。

この日は、海から陸地を見たり、車で焼け野原とゆうか寂れた市街地をあちこち見てまわった。

道路が綺麗なとこはいいんだけど、ぼこぼこの道は酷いね。

以前、相方が来た頃は車がすれ違うだけでも大変で、
ガレキでパンクするんじゃないかってヒヤヒヤしたらしいから綺麗になったんだろうけどね。



あっという間に3日目の帰る日。まあ元気な顔が見れただけでいいよ。
義母さん激痩せしてたけど、明るく元気だったし。
義父さんも元気な義母さんに頭抱えてた。これいつもの調子だから凄く安心した。


帰り際、元気をもらったよ。と言われたけど、こっちが元気もらったっての。ありがとう。


少しずつ、街が復旧するように願うばかりです。

2011.9.25.



下の画像は相方が行った頃の2枚と今回行った2枚です。クリックして画像大きくなります。

2011/4/2

2011/4/2

************

2011/9/25
2011/9/25




過去の里帰り去年。こんないつもの紹介にならなくてすいませーん><
関連記事
スポンサーサイト
2011/10/06 Thu. 16:40 | trackback: -- | comment: 15edit

コメント

遅すぎるコメー!

コメントむちゃくちゃへんなタイミングでごめんなさい

大変でしたね。
胸が詰まるよ。

でも旦那様のご実家、みなさん御無事で本当によかったです。
写真を見るだけでもショックなのに、これが自分の関わる土地で、
自分の大事な家族がいる土地で、目の前で見たりしたら、
私だったら号泣してしまうと思います。。微糖さんは強い。

私阪神大震災を経験してるんですが(初老^▽^)、
あの時の比ではない惨状ですね。
福島の親戚(南相馬だ)に聞いても、ほんとうにひどい。


微糖さんのご家族、大変な目にあってるのに、
暗くならずに前を向いてるのが素晴らしくて尊敬!
誰にでもできることじゃないと思います。
みなさん一日も早く落ち着いた生活が出来ますように。
私も出来ることを・・・まじで募金しかしてないのが自己嫌悪;


あ なんかコメントが暗くなってしまった;
今年は栗いっぱい食べました。
今は柿(近年まれにみる豊作らしいの)にシフトしてます♪

リー #- | URL | 2011/11/08 20:06 * edit *

No title

●マカロンさんへ

こんばんは~コメありがとう!
栗って、やっぱりスプーンだよね?(笑)
幼い記憶と相方がかじって食べてるからアレ?って思ったよー(笑)

マカロンさん所は硝子ケースばかりなのか;
割れなくて良かったね;
そうなんだよ、テレビのようないい場面ばかりじゃないみたいだよね。
義母さんもストレスMaxだったらしくて胃潰瘍。
何となくイメージはわくけど
現場はすごいんだろうな(;_q)
福島は未だに安心できないままだろうし、日本は大丈夫なのか?!

家族を失う人もいる中、ウチは命も助かったしマシだ。
私達も会った時、元気になってたから安心しました(^0_0^)
忙しい中コメありがとう!!


微糖 #- | URL | 2011/10/10 23:34 * edit *

こんばんは☆

栗はスプーンで食べる物でしょ?(笑)
私もレシピ知りたいから調べてみるね♪

あの未曾有の地震は本当に怖かったね(;_;)
私も職場に居て全て硝子のショーケースだから
スタッフと一緒に支えてたけど本当に怖かったよ。
震源地がどこか分からずテレビニュースで知るんだけど
現実に起きてる事なのに受け入れるまで時間がかかった。
福島と宮城の友人が微糖さんと同じように
テレビで見るような前向きな映像は嘘では無いけど
盗難や言い争い、ペットの事、臭い…。
本当に大変だって…。
今も震災の映像を見る機会があるけど
本当に忘れられないし忘れちゃいけないと思う。
放射能の問題もあるしね。

まだまだ知らない現実が沢山ある。

義父さん、義母さんが無事で本当に良かった(T_T)
命が助かっても家や思い出全てを失った人達の気持ちは
想像しただけでも悲し過ぎです。
大変な事が起きた時、友人やご近所付き合いの大切さが分かるよね。

1日でも早く心安らぐ日が来る様に願うばかりです。

微糖さんに会えてご両親も元気をもらえたんだと思うよ♪

貴重な写真アップしてくれてありがとうね。

マカロン #- | URL | 2011/10/10 21:57 * edit *

No title

●苺実ちゃんへ

こんばんは!拍手コメありがとね。
犬だけじゃなかった。あらゆる動物もだ!アンちゃんもだよー!
去年の愛犬は目が怪しかったんだよね。それで階段から落ちたことあって
大騒ぎしてたんだ。
今年は背中丸めヨタヨタ歩いてて無反応;辛いよ;
でもほんとにペットって人を和ませるよね。
何話すんでもないのに、いるだけで癒される。
確かに優しい気持ちにさせてくれるのはペットの存在。不思議だ。
災害は人間をいろいろと変えてしまうね。そう言ってる私でさえ、正直わかんないや( ̄■ ̄ll)あーヤダヤダ;
オカシクなりかけた時は3ワンコと遊ぶようにしよ;
あー。なんか真面目なコメもらってたのに冗談言ってごめんなさい><
両親は元気だから安心してね(^ω^)気を遣ってもらってごめんね。ありがと!



微糖 #- | URL | 2011/10/08 00:51 * edit *

No title

●アンルさんへ

こんばんは!コメありがとです。
悪夢でしたね;ほんと。
仕事中、店内のTVみて驚いた。
一瞬、関東の地震だと思ってたら東北が震源地だったんですもん。
真っ先に津波じゃんって焦った;しかも原発;
アンルさんの署名はあの時すごく希望持てたんだよ?
なんもすること出来ないし、実家は老犬いるし、
TV観れば被災地の泣けるニュースばかりだったでしょ。
結局だめだったかもだけど、あの時は署名に希望が持てたの。ありがとね><
それだけでも無駄じゃなかったと思うんだ。この無駄じゃないってことを
載せ忘れてごめんね><
地震直後の大変な時はとりあえず終わりです。まだまだ問題は山積みだけど
早く普通に、ごく普通でいいから暮らせるといいですよね。




微糖 #- | URL | 2011/10/08 00:23 * edit *

No title

●シマ子さんへ

こんばんは!コメありがとうございます!
はい、ありがとうございます。ホント生きていられたことが重要ポイントですね。
たった1分の差で生死決まるレベルだった感じがします;
泣き喚くお子さんの声さえも。経験者のシマ子さんが言うと納得してしまう。
避難所の中の話は両親からも少し聞きました;
以前のシマ子さんの苛立ちの日記も読みました(´Д`ι)はぅ;
ペットはどこも車なんですね。私、署名送ったんですよ。
そんなことあっても、やっぱり生きていられたことと思えばですよね。
福島は一体いつになれば!!怒りと疲ればかり・・だと思います。
原発の恐ろしさは今じゃない、これからですもんね。
目に見えるようなことはしてあげられないし、毎回気の利くようなことも言えないかもですが、
気持ちだけはずっと応援してます。願ってますからね!!


微糖 #- | URL | 2011/10/07 23:50 * edit *

No title

4ka*ちゃんへ

こんばんは!コメありがとです。
気を使わせてしまってごめんね;軽々しく言葉にするなんて難しいよね;
この記事は、敢えて誰もコメ残さないで終わるだろうと思って載せてしまったよ;
ただ、私も被災地の人ではないから忘れちゃいけないなって思ったの。
半年も経ってるのに、あの現状はホント驚いた。見たから余計にね;
4ちゃんとこには福島の親族がいるって言ってたよね!結婚式に来てくれたんだ!嬉しいね(*´w`*)
ウチの両親のところより、まだ福島は最悪だからね;
どうにか早く安心して暮らせるレベルになって欲しい。
募金するところ、最近めっきり少なくなってない?目立たない位置にあるだけ?
(最近あまり出歩いてないせいかな?!苦笑)
やっぱり、何年も続けないと意味がないよね;ごもっとも;

微糖 #- | URL | 2011/10/07 23:26 * edit *

No title

●みょんさんへ

こんばんは!コメありがとうございます。
阪神大震災も当時はかなり衝撃的でした;;
義理のお姉さん一家も相当大変だったことでしょう><
身内がいたとなると、まず何からすれば?どうしたらいいのか?・・・なんか頭が混乱しますね;
今回里帰りして思いましたが、両親もあの悪夢を体験したせいか、
ちっぽけなお家でも豪邸みたいな感覚でいるんですよ。
どん底からここまで来れたことがすごい自信になっていました。
大丈夫ですよ。着々と前進してます!
これからいい事も楽しい事も待ってると、私も思います(^ω^)前向きな意見ありがとです!

微糖 #- | URL | 2011/10/07 23:00 * edit *

No title

●フロスティ☆さんへ

こんばんは!コメとメッセまでありがとうございましたm(;∇;)m
旦那さまのご実家は船があるんですか!漁師さんなんですね。
あの日は津波警報でたから、真っ先に沖にでたんでしょうね。

義父さんも、相方が小さい頃から毎度警報がでる度に沖に行ってたようです。
きっと幼い頃から同じ感じだったんでしょうかf(^_^;

あの街では、小さな津波は今までいくつかあったみたいだけど、
今回ばかりは、誰もが予想外で自宅にいた方が多かったらしいです。
義母さんが、声かけて連れ出そうとした近所の人は・・・。
広い北海道となれば、安否確認だけでも大変だったことでしょう;
皆さん無事で何よりです(*^^*)

物資の取り合いに限らず、いざというときは人間は変わってしまう。嫌な事だけど、仕方ないのかな・・・
生きるって難しいですね;

微糖 #- | URL | 2011/10/07 22:37 * edit *

No title

あの日、あの一瞬で何もかもが一変した悪夢。
信じられなかった。。。
信じたくなかった。
流れるニュースは 心が引き裂かれるような光景ばかりで。。。
でも ご両親無事で本当に何よりだったね!!
あの時、ほんとに微力ながら何かできないかとあの署名を見て
すぐにあたしもみなさんにお願いして送ったよ。
それでも願いは 届くことはなかったんだね。
みんな家族なのに。。。。
心が痛すぎる。
まだまだ大変だろうけど、ほんとにまた皆が元気で会えることが一番。
一刻も早く穏やかな日常が訪れますように祈ってます。



アンル #i2OV6/pY | URL | 2011/10/07 21:16 * edit *

心配でしたでしょうね。

いやあ~ご両親元気そうで良かったですね。
今回の災害は助かったことに意味がある・・気さえします。
苛立ちがピークになると他所様のお子ちゃまの泣き声さえ・・・ですから。
ペット連れ避難はもっと難しいんですよ。
我が家も車にペットで過ごしましたけど・・・

σ(o^_^o)も地元に戻ってますが・・・まだまだ復興には遠いです。
画像の風景はこことあまり変わらず+線量が下がらず・・・が痛いです。
微糖さまの故郷もきっと少しずつですが復興しますよ。

シマ子 #pSJ6Fihk | URL | 2011/10/07 08:47 * edit *

No title

皆さんコメありがとうございます(;´д`)
少しレスが遅れます;

心配かけてすみません;今はほんとに落ち着いてます!
大丈夫ですよ!!

微糖 #- | URL | 2011/10/07 00:45 * edit *

No title

感じたことをうまく言葉にできないです…。
うちも結婚式のとき、福島の親族みーんなが来てくれて…
生々しい現実を見せてもらい、教えてもらいました…。

非被災地の人間だからこそ、この現実を忘れずに目を向けていこうと思います。
ニュースではぱったり報道されなくなったけど、そんな今だからこそ忘れちゃいけないんですよね。
地震直後の募金はみんな当たり前にする。
でも、直後よりも一年後、二年後、十年後…こそ、助け合わないといけないと思うな。

4ka* #- | URL | 2011/10/07 00:03 * edit *

No title

なんて言ったらいいのか…
うちもね 神戸に義理の姉一家が住んでて阪神大震災で家は全壊でした…
だけどね みんな生きてて今、元気です…だから
皆さんもお元気で…辛いことの後は必ず楽しいことがありますから…

みょん #- | URL | 2011/10/06 22:55 * edit *

見てて凄く辛い気持ちになりました
(´;ω;`)

読んでいくうちに涙がこぼれて(ノд<。)゜。

3月11日は
函館も震度4の長いながい揺れの地震が有り、その日は何回か余震も有り、浸水で一名の方が亡くなりました。

函館は海に囲まれた狭い街。
旦那さんの実家は目の前が海、裏は山→お母さんは高台に避難し、お父さんは自分の船で沖に出ました(沖の方が安全なんだそうです)

旦那さんが会社から帰って来てから私の実家に寄り家族の無事を確認し(道筋から行って→我が家~私の実家~旦那さんの実家)
旦那さんのお母さんが避難してる場所を探しに行ったり…あっという間の1日でした。

函館でさえ、こんなんだったら被災地に居る方は…考えただけで恐ろしくなりました。
案の定、友達にも連絡は取れず、宮城の友達は震災後やっと6日目で連絡が付きました。

物質の取り合い…人って醜く変わってしまうのですね悲しい現実です。

ペットも家族同然で当たり前ですよね。

1日でも、1時間でも、被災地の方が心安らぐ日が訪れる事を心の底から願っています☆

フロスティ☆ #- | URL | 2011/10/06 21:06 * edit *

コメントの投稿
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。